将来のためのルール作り

吸っていい場所を決める

電子タバコはタバコの言葉が入っているためにタバコに近い嗜好品と思われているようです。日本製のリキッドにはニコチンは入っておらず、その点からもタバコとはかなり異なる嗜好品と言えるでしょう。では現在吸っていい場所としてどこが指定されているかですが、駅などの公共的な場所では利用不可としているところが多くなっています。また喫煙所が設置されているところならそこで吸うのが望ましいとして案内が出されています。電子タバコを吸うと、タバコの煙のようなものが出るので煙草同様の有害物質のように感じますが、実際は煙ではなく水蒸気でタバコに含まれる有害物質はありません。しかし電子タバコはまだ広く認知されていないことから巻きタバコと勘違いされる可能性もあります。そのようなことからトラブル等が生じることもなく、誰もが安心して吸える場所に関するルール作りが必要になりそうです。

何歳から吸ってよいのか

タバコとお酒は20歳からと法律で決められていて、成人年齢が変化したとしてもそれは変更されないようです。どちらも健康に一定の害があるとされているので、成長過程の年齢でたしなむのは良くないと言われています。では電子タバコは何歳から吸ってよいかですが、法律上はタバコのような制限はありません。ですから20歳未満の人はもちろん子供でも吸っても問題ないでしょう。しかし電子タバコを販売する専門店では20歳未満の人には販売しないとしているところも多くあるようです。また街中で20歳未満の人が吸っているときには警察などが注意をするときもあるようです。禁じる法律はないのに注意されるという状態は若者を困惑させることになるので、どちらかはっきりさせるルールが必要でしょう。