電子タバコに未来はあるのか?

電子タバコの安全性について

電子タバコは従来の紙巻きタバコに代わる嗜好品として広く普及していますが、その一方で健康や安全に関する問題点も指摘されています。電子タバコはタバコの風味を持つカートリッジを専用の電熱器で加熱する仕組みですが、加熱部分の故障で火傷や感電に遭う危険があります。また、電子タバコは紙巻きタバコとは異なり、健康を害するタールやニコチンが含まれていない点が普及の一因ですが、使用するカートリッジによっては本物のタバコに近い風味を出すため、タバコの葉の成分を加えている物もあります。そのような物は紙巻きタバコと同様にタールやニコチンが含まれているので、電子タバコでありながら紙巻きタバコと同様の健康被害が生じる可能性は否定できません。

喫煙行為そのものが忌避される傾向にある

タバコを吸うという行動が忌避される傾向は世界中に広まっています。タバコの葉の成分であるタールやニコチンはガンをはじめとする様々な疾患の原因とされているのが大きな理由です。健康的で安全と謳われている電子タバコも一部の製品にはタールやニコチンが含まれているので、必ずしも健康的とは断言できない問題があります。タバコを吸う仕草そのものがタバコ特有の臭気を連想させるとして、電子タバコであってもタバコと同じ物と見なされて使用ができない所も少なくありません。電子タバコが嗜好品として長く愛用されるためには、タバコとはまったく異なる形状に変更するなどタバコを連想させない工夫を施すことが今後の課題となっています。