電子タバコのメリット

健康へのリスクが少ない

電子タバコはリキッドを電気の力で気化させ、その水蒸気を楽しむものですが、国内で販売が許可されている電子タバコのリキッドにはタールやニコチンなどの物質は含まれていません。そのため従来の紙巻きタバコに比べて、健康に悪影響を与える可能性はかなり低くなります。また、最近では紙巻きタバコが吸える場所が減っていますが、その理由の一つが受動喫煙による健康被害を減らすことです。国内で販売が許可されている電子タバコであれば、ニコチンやタールは含まれていないため受動喫煙対策にもなるのです。ちなみに、電子タバコのほかに加熱式タバコというものもありますが、こちらはタバコの葉を加熱して使うためニコチンが含まれています。そのため、電子タバコのほうが健康へのリスクはより少ないといえるでしょう。

経済的で、吸える場所も多い

電子タバコのメリットとしては、コストパフォーマンスの良さも挙げられます。電子タバコは数千円から一万円を超えるものまであり、一見すると高価なものに思えるかもしれません。しかし、一度購入すれば繰り返し使えるので、長期的に見れば紙巻きタバコよりもコストは抑えることができます。たとえば一箱400円の紙巻きタバコでも、一日一箱を吸っていれば一ヶ月で一万円を超えてきます。一方、電子タバコは一度購入してしまえば、その後はリキッド代やコイル代などだけで済むので、コストは一ヶ月数千円ほどです。また、紙巻きタバコは吸えない場所が多くなってきていますが、電子タバコであれば吸えるという場所もあります。煙や臭いも気にならず、ヤニの汚れも付かないので、車内などでも気兼ねなく吸うことができます。