新たな趣味としての電子タバコ

ガジェット好きにはたまらない電子タバコの魅力

vapeとも呼ばれる電子タバコは「MOD」「アトマイザー」の2つのパーツからできています。味に大きく関わるのはアトマイザーです。アトマイザーはデザインによって味やミストの出方が大きく違ってきます。また、自分で巻いたコイルをセットするタイプですと、セッティング次第で同じアトマイザーでも味の出方が変わります。MODは細長いペンタイプと、長方形のボックス型の2種類が主流です。アトマイザー別売りのものと、一体型があります。非常に種類が多いため、MODとアトマイザーの組み合わせは無限とも言えます。新しい製品が発売されるとついつい欲しくなってしまうというvapeユーザーは少なくありません。コレクター気質がある方や、ガジェット好きの方にとって、MODやアトマイザー選びはたまらなく楽しい趣味になるでしょう。

フレーバー選びは電子タバコの醍醐味

MODやアトマイザーを選ぶのも楽しいですが、vapeの主役といえばなんといってもフレーバーリキッドです。リンゴ、イチゴといったフルーツフレーバーとメンソール系のフレーバーは、初心者にも吸いやすく人気です。コーヒー、紅茶、ソフトドリンクなどの飲み物系フレーバーも人気があります。vapeに慣れてきたら、スイーツ系などのこってり甘めのフレーバーやタバコ系フレーバーも試してみてください。タバコ系フレーバーは一般的な紙巻タバコとは違い、「vapeのタバコ味」としか言えないような複雑な味わいのものが主流です。タバコフレーバーにフルーツフレーバーをミックスしたフルーツ系タバコや、コーヒータバコ、バニラタバコなど個性的なものが多く、吸っているうちにクセになってきます。紙巻きタバコの代替品や禁煙のためのツールとして電子タバコを始めたものの、奥深さにはまって禁煙後もvapeを続けている人も少なくありません。